MENU

レーザー脱毛の前後ってアルコールは飲めないの?

レーザー脱毛を受ける前には、日焼けをしてはいけない、予防接種を受けてはいけないなどの、基本的な知識お持ちの方は多いことでしょう。
ところが、レーザー脱毛前後のアルコール摂取となると、知識があやふやという方が多いのではないかと思います。

 

アルコールの摂取は、それによって私たちの身体にさまざまな変化をもたらします。
では、レーザー脱毛の前後には、アルコールを摂取しても構わないのでしょうか。

 

レーザー脱毛の前後にはアルコールの摂取を控えましょう

結論からお話ししますと、レーザー脱毛の前日、当日、翌日には、アルコール摂取を控える必要があります。
まず、アルコールには利尿作用がありますので、摂取し続けているうちに脱水症状が起こることがあります。

 

たとえば、飲み会などでアルコールを摂取すると、トイレが近くなることがありますよね。これこそが、アルコールが持つ利尿作用によって、体内の水分が対外へ排出される働きが強まっている状態です。

 

そして、こうして起こった脱水症状は翌日にまでもつれ込むことがあり、このときのお肌は乾燥状態になっていることが多いと考えられています。
このようなお肌の状態へレーザーを照射してしまったら、お肌は大きなダメージを受けることになり、炎症が起こる可能性が高まります。

 

また、アルコールが体内に残っている状態では、痛みに敏感になる可能性もあり、少しの傷みを大きな痛みとして感じることにもなりかねません。
さらに、アルコールの摂取によって血行が促進されると、レーザーを照射した部分に強い痒みが現れることがあり、我慢できずに掻きむしってしまうと、肌荒れが起こる可能性が出てきます。

 

このような理由から、レーザー脱毛の前後や当日には、アルコールの摂取は控えなければなりません。
これは、家庭用レーザー脱毛器でも同様ですので、この方法でムダ毛処理を行った場合でも、その前後と当日のアルコール摂取は控えましょう。

 

飲酒でお肌の状態が悪化したときには

脱毛の前後にアルコールを摂取してしまい、肌トラブルが起こったときには、必ず脱毛を受けた医療機関に相談し、適切な処置を受けましょう。
医療機関では、軟膏の処方などで肌トラブルに対応しますので、自己流のケアを行う前に、必ず医療機関に相談しましょう。

 

また、どうしても医療機関で処置を受けることができない状況なのであれば、とりあえず電話で応急処置の方法を確認して下さい。

 

特に激しい痒みが出てしまうと、寝ている間に無意識で掻きむしってしまうことも考えられます。
このようなときの、自己判断によるケアは危険ですので、まずは医療機関に相談し、ご自身で行うことができる応急処置を行っておくことが大切です。

 

レーザー脱毛,アルコール

ミュゼプラチナム

全身12か所から4箇所選べて400円
400円

肌に優しいS.S.Cを採用。
更にオリジナルのプラセンタ入りトリートメントで脱毛しながら美肌を実現!
予約も取りやすく店舗数も多いので初めての人でも安心して通えるサロン。

レーザー脱毛の前後ってアルコールは飲めないの?

キレイモ

レーザー脱毛,アルコール

スリムアップ脱毛
月額9,500円(初月0円

ジェルを使わない国産の脱毛器を使用。
顔を含む全身33部位が月に1回で半身脱毛出来ます。
初月0円なの無料カウンセリングでハンド脱毛体験実施中!


レーザー脱毛の前後ってアルコールは飲めないの?

関連ページ

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いってなに?
レーザーまたはフラッシュを毛根内の組織に照射し、毛母細胞を弱らせて脱毛する方法ですが、それぞれに異なった特徴を持っています。
永久脱毛の効果
永久脱毛の効果は脱毛方法によって大きく変わってきます。クリニックや脱毛サロンで行っているレーザー脱毛やフラッシュ脱毛の効果の差はどれほどか紹介していきます。
レーザー脱毛で失敗した!?原因はなに?
これらのレーザー脱毛を行うと、ごく稀に「失敗した」と感じることがあります。その原因はいったいどのようなところにあるのでしょうか。
レーザー脱毛は高い?それは誤解です
永久脱毛についての基礎知識を付けていただくために永久脱毛やレーザー脱毛についての疑問を集めてお答えしています。
永久脱毛は痛いって本当?やり方を知りたい!
永久脱毛とは脱毛完了後のムダ毛再生率が低い脱毛を指し、医療機関のニードル脱毛またはレーザー脱毛がこれに当たります。永久脱毛のやり方について、見て行くことにしましょう
ケロイド体質でもレーザー脱毛って受けられるの?
アトピー性皮膚炎の症状が強く現れている場合でも、レーザー脱毛を受けることができない場合があります。では、ケロイド体質の方の場合では、レーザー脱毛を受けることができるのでしょうか。
地黒の人がレーザー脱毛を受けても大丈夫?
脱毛を受ける時に「日焼け肌の人は脱毛できない」という話を良く聞きますよね。では、もともと地黒の人も脱毛できないのでしょうか?
医療脱毛を受けたいけれど、激痛って本当?
脱毛を始めようと思った時に、光脱毛と医療脱毛どちらで施術するか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。医療脱毛について紹介していきます。
医療脱毛で全身脱毛をすると1回で効果はあるの?
照射する光のパワーが強い医療脱毛の方が全身脱毛をするにはメリットが多くありますね。では、医療脱毛で1回全身脱毛をしただけで脱毛効果はあるのでしょうか?
レーザー脱毛2回目には、はっきりと脱毛効果が現れるの?
レーザー脱毛の効果の現れ方、そして、2回目の照射ではどのくらいの脱毛効果を得ることができるのか、考えてみることにしましょう。
医療脱毛から2週間経過・効果が現れない理由
医療脱毛は、ニードル脱毛とレーザー脱毛に分類され、ニードル脱毛はその場でムダ毛を抜く方法であるため、いつムダ毛が抜けるのか気を揉む必要はありません。
10代で永久脱毛をして肌トラブルは大丈夫?
中学生や高校生も異性の視線を意識し、ムダ毛などが気になるお年頃になってきます。しかし、そんなに早い時期から永久脱毛をしても肌に問題はないのでしょうか。
レーザー脱毛のモニターは魅力的!?応募の前に知っておきたい表と裏
最近では、レーザー脱毛を行う人が増えてきたことから、多くのクリニックで、モニターを募集しているのをよく目にします。モニター経験者ならではのメリットとデメリット、そしてモニターとしての役目についてお話いたします。
医療脱毛の施術回数、腕では何回くらい?
何回くらいの医療脱毛を受ければ、ツルツルの腕になることができるのでしようか。ニードル脱毛、レーザー脱毛ごとに、腕脱毛に必要な回数をご紹介します。